読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オムニ補完が使えるようになった

前の記事で、MacのVimPythonのオムニ補完が使えないと文句を言っていましたが、MacPortsでインストールすると無事使えるようになりました。以下、その手順を載せておきます。


  1. 最新版のXcodeをインストールする(付属のCDだと64ビット用にコンパイルできないみたい)

  2. MacPortsをインストール

  3. "sudo port selfupdate"、"sudo port sync"を実行しておく

  4. "sudo port install vim +huge +python26 +ruby"を実行


たぶんこれで入るはず。"+universal"をつけると何かエラーが出たので外しています。まあ、別になくてもいいか。ちなみに、"universal"については、こちらで説明されています。
とりあえず、これで開発のスピードが上がるはず・・・特に開発はやってないけど。